top of page

オーセンティシティで困難な市場を突破する本質的な問題解決者としてご紹介いただきました。

更新日:2022年9月15日

English follows Japanese.

記事より引用、和訳。 彼女は、自分のビジネスに日本人の本物の個性と感性を取り入れたいと考えている。

神学部を卒業後、英国でファッションマーチャンダイジングを学ぼうとしたが、母親が「日本に残ってほしい」と言い出した。就職活動に奔走し、金融の道を志し、証券会社に数年勤めた。その頃、「普通の金融の仕事よりも、もっと充実した仕事がしたい」と、京都で個人事業主を経て「株式会社ルゥルゥ商會」を設立した。

日本では転職は難しく、リスクもありますが、彼女は6年後、自分の会社を経営するという夢を追いかけるために、一部上場企業での給与、安定性、専門的な地位を犠牲にしました。

株式会社ルゥルゥ商會は、イベント企画、運営、広報、空間・商品デザイン、製造など、さまざまなサービスを顧客に提供するコンサルタント会社である。 広告、レストラン、不動産、ホスピタリティなど、さまざまな分野で活躍する同社は、すべてのプロジェクトに国連の「持続可能な開発目標」を取り入れることに全力を注いでいます。 サステナブルな製品のアイデアから始まり、リサイクル製品やサステナブルな製品を使用する多様な地元の製造業者と協力し、その製品が生まれるまでの背景も含めてプロモーションを行います。

つまり、彼女は問題解決者なのです。

彼女のビジネスは、既成概念にとらわれず、フェアトレードやサステナビリティの考えをあらゆるステップに組み込んでいます。 日本の国内企業にはない、働く女性への機会均等と賃金を優先させることで、これを実現しているのです。

小さな企業であるからこそ、プロジェクトに特化したチームを作り、必要なスキルを持った契約社員に高い報酬を支払うことができ、また、他の小規模な女性経営者にも仕事を回すことができるようになりました。

「女性には、真面目さ、粘り強さ、繊細な気配りなど、経営者としてだけでなく、チームメンバーとしてユニークな強みがあります」と地野さんは説明する。 「どんなチームでも重要な役割を担っていると思います」。

COVID-19の大流行以降、課題を抱える企業が増え、それに伴い専門のコンサルタントが必要になってきたと宏子は指摘する。「大企業よりも小さな会社の方が、効率的で、かつ、きめ細かな対応ができる時代が来たのです」と彼女は主張する。

パンデミック発生当初、彼女は「株式会社ルゥルゥ商會が、日本の経済や文化を支えるだけでなく、未曾有の事態に直面した世界をも支えてくれることを期待していた」という。 しかし、自分一人では実現できない現実に直面した彼女は、これまで直面したことのない問題を解決するために、ネットワークに参加する必要があると考えました。

2020年、彼女はWEConnect Internationalのネットワークで認定された女性オーナー企業として、会社の規模ではなく、インパクトでビジネスを成長させることを目指すようになったのです。

そして、株式会社ルゥルゥ商會は成長しました。

WEConnect Internationalは、医療従事者用の防護服の製造と流通において、日本の工場を支援するプロジェクトとヒロコを結びつけました。パンデミックの初期に医療現場を支援する機会を得た後、ルゥルゥ商會はその任務を継続し、現在はスリランカの企業とユニフォームの開発を進めています。

パンデミックを通じて、彼女は国境や場所よりも、協力し合える人材を優先することを学んだ。「私たちは、自分たちのフィールドに挑戦し、向上していかなければならないのです。「だから、世界をより良くするという共通の目標を達成するために、より深いレベルでつながることが必要なのです」と説明します。

WEConnect Internationalは、ルゥルゥ商會をEY Japanにも紹介し、彼女はペットボトルからハンカチを作るなど、最新のリサイクル素材を具体的な商品にどう使うのがベストか、など多くのプロジェクトで多国籍企業と連携している。 また、再生紙を使った特別なステーショナリーを制作し、表面は企業メッセージに、裏面は商品の裏話を説明し、普及に努めました。

彼女がデザインし、生産し、販売促進するすべての製品に、小さな、しかし重要な工夫が施されているのです。彼女は単にリサイクル素材を使うだけでなく、ヒューマニズムの視点を取り入れ、使用する素材がさらなる廃棄物や環境への害をもたらさないよう、研究を重ねています。製品のライフサイクル全体を俯瞰し、SDGsの目標に忠実でありながら、最適な生産方法を見出しているのです。

その努力により、ヒロコは過去2年間に京都の女性起業家賞や京都文化ベンチャーコンテスト賞など、いくつかの日本の賞を受賞しています。

「女性起業家賞や京都文化ベンチャーコンテスト賞を受賞しています。 "女性が自分の会社を作る力を感じてほしい。たとえ小さくても、長く続く会社であってほしい。"成長を続けるWEConnect Internationalのネットワークについて、"ビジネスパートナーとなり、共に学ぶことができる "と考えているようです。

Hiroko Chino: Breaking through a difficult market with authenticity

起業ンLou Lou Co. Ltd. as a Kyoto sole proprietorship because she knew she wanted something more fulfilling than a standard career in finance. Changing careers can be difficult and risky in Japan, but nonetheless after six years she sacrificed salary, stability and professional status at respected companies to pursue her dreams of running her own company. Lou Lou Co. is a consultancy that provides clients with a variety of event planning, management, public relations, space and product design, and manufacturing services. The company works across sectors, including the advertising, restaurant, real estate and hospitality industries—doing its best to incorporate the UN Sustainable Development Goals in every project. Hiroko begins with an idea for a sustainable product, works with diverse and local manufacturing businesses using recycled or sustainable products, and promotes the products by also telling the backstory of their creation. In essence, Hiroko is a problem solver. Her business breaks conventions and incorporates ideas of fair trade and sustainability into every step of the way. She achieves this by prioritizing equal opportunities and wages for working women in a way that not all domestic companies in Japan do. She has remained a sole proprietorship so that she can create specialized teams for projects and be able to pay her contractors more because they bring the exact skills needed to a project, yet also spread the work around to other small, woman-owned businesses. “Women have unique strengths such as seriousness, tenacity and delicate consideration, not only as managers but also as team members” explains Hiroko. “I believe they play important roles on any team.” Since the COVID-19 pandemic, Hiroko notes that the number of companies with issues has increased, and with it, the need for specialized consultants. “The time has come when small companies are selected over large, established firms to provide needed solutions due to greater efficiency and scope of attention,” Hiroko asserts. At the very start of the pandemic, Hiroko hoped that Lou Lou Co. would not only support the economy and culture of Japan, but also the world as it faced an unprecedented challenge. However, when faced with the reality that she couldn’t achieve this on her own, Hiroko decided that she needed to join a network to help her work through issues she had never faced before. In 2020 Hiroko became a certified women-owned business in the WEConnect International network to grow her business—not in terms of company size, but impact. And grow Lou Lou Co. has. WEConnect International connected Hiroko with a project to aid a Japanese factory in the creation and distribution of protective clothing for healthcare professionals. After this initial opportunity to aid the medical field at the beginning of the pandemic, Lou Lou Co. has maintained its task and is currently developing medical uniforms with a company in Sri Lanka. Working throughout the pandemic has taught Hiroko to prioritize collaborative human resources over international boundaries and physical locations. “We must challenge and improve our fields,” she explains. “Now we realize that connecting in-person isn’t always guaranteed, therefore we must connect on deeper levels to meet common goals of improving the world.” WEConnect International also introduced Lou Lou Co. to EY Japan, and she has been working with the multinational on many projects, including how best to use the latest recycled materials in specific goods such as handkerchiefs from plastic bottles. She created a special stationery from recycled cardstock that used the front of the card for the corporate message and on the back explained the backstory of the product to spread the word. It is the small yet important touches on every product Hiroko designs, produces and promotes that makes her business special and important. She doesn’t stop at simply using recycled materials; she does her research to include relevant humanist perspectives and ensure that the materials she uses do not contribute additional waste or harm to the environment. She steps back and looks at the entire life cycle of a product and identifies the best way to produce it while staying true to the UN SDG goals. For her efforts, Hiroko has won several Japanese awards in the past two years, including the Kyoto Female Entrepreneur Award and the Kyoto Culture Venture Competition Award. “I hope that women feel empowered to create their own companies; even if small, they will be long-lasting,” she reflects on the ever-growing WEConnect International network, “and that we can become business partners and learn together.” #持続可能な開発目標 #サステナブル #フェアトレード #サステナビリティ #女性経営者 #起業 #起業物語 #株式会社ルゥルゥ商會 #WEConnectInternational #女性オーナー企業 #協業


Comentários


bottom of page